那須ブラウン

那須の地ビールで香ばしさをプラス!

ブラウンスイスの牛乳100%で作りました。
ウオッシュタイプのチーズは一般に臭いがきつく苦手な方も多いのですが那須ブラウンは那須の地ビールをかけることでマイルドな味に仕上がりました。那須ブラウン
味の変化を楽しみたい!
表面が茶〜オレンジ色のやや柔らかチーズです。2ヵ月ほど塩水で表面を拭いてお手入れします。
ウオッシュタイプですが臭いはきつくなく、日本人にも食べやすいチーズです。冷蔵庫に入れておいても徐々に熟成が進み、最初は新鮮な酸味がありますが、だんだんうま味が増し、味の変化を楽しめます。軽めの赤ワイン、冷えた白ワイン、日本酒や焼酎とも良く合います。

ミルキーで食べやすいウォッシュタイプのチーズです

那須ブラウン 那須ブラウン

ウォッシュタイプとは、熟成過程で、その土地のワイン・ブランデーなどの地酒、または塩水で表面を何度も洗うためウォッシュタイプと呼ばれています。
このため、その産地独特の風味がする、個性的なチーズが多いとされています。特定の湿度・庫内温度・吹き付ける液体の含む塩分やその他の成分が作り出す環境が特定の菌のみに選択的に働き、結果としてチーズ表面はリネンス菌などの有用な菌類が繁殖します。
これらの菌がチーズ表面から内部に向けて繁殖する過程でチーズの脂肪分とタンパク質を分解してアミノ酸などの旨み成分に変化させます。
液体の吹き付けと菌の繁殖により、次第にチーズは色・香り・やわらかさ・味わいが変化します。
菌種・チーズの種類によりますがチーズ表面の色はオレンジ〜赤〜褐色に変わり、香りは発酵食品独特の風合いを放ち始め、そして最後には崩れるまでにやわらかさを増します。

ほっと一息、チーズの時間

日本酒や焼酎にもあうチーズです。
独特の香りとほのかな酸味・まろやかさのあるチーズで、日本酒を戴く癒しのひと時です。
ジャムやはちみつなど甘みとも合いますので、チーズにのせてご一緒にどうぞ。

ブラウンスイス牛

那須地域でも少数しかいないブラウンスイスの牛乳を使ってこだわりのチーズ作りを専門で行っています。ブラウンスイスは、アルプスで放牧されているスイス原産のうす茶色の乳牛です。
乳量はホルスタイン種より少ないのですが、乳成分が濃く(特にタンパク質が)、コクのある風味でチーズづくりに適しています。

通信販売へのリンク